ネットワークビジネスの成長はどこまで続くか

日本のネットワークビジネス業界大手の日本アムウェイやニュースキンジャパンの売上推移を見ると、成長期から安定期に入るまでに大幅に売上が落ちています。
安定期に入っている日本アムウェイ、ニュースキンジャパンはこれから参加する人が大きなグループを作って高収入を得るのは難しいです。しかし、アムウェイやニュースキンともに苦情、被害などは多いですが、経営的には優秀な企業であり、多くの成功者を出した日本のネットワークビジネス業界の成功例です。
ところが、どうしてこんな優秀な企業でさえも、売上が落ちてしまうのでしょうか?
アムウェイ、ニュースキンとも洗剤や化粧品などの日用品・生活必需品を扱っています。
少なくとも一部のディストリビューターは生活必需品なので不況に強いビジネスだと言っていたのですから不況だから売上が下がってしまうのは仕方ないというのは矛盾があるようにも思えます。
日本が不況に陥ったため売上が下がったとも言われます。
高品質で低価格の消耗品だからリピート率が非常に高く、一度組織を作り上げれば消費者会員が自然にリピートするので、会社の売上は成長期が終わって安定期に入っても少しずつは上昇していくはずでした。
売上が下がってしまった要因のひとつは消費者グループの構築ではなく、ビジネスが目当てで参加する人を積極的に勧誘するビジネス連鎖のグループの構築にあるのです。
ビジネス連鎖によって組織構築をするグループは組織が伸びるスピードが消費者組織を構築するグループより速い反面、愛用者・消費者作りがおざなりになることが多い傾向があります。
グループによっては消費者会員の自発的なリピートや小売分で上がる売上で達成すべき資格取得、また資格維持に必要な条件のノルマ分を自己購入したり、家族や親戚名義で購入、つまり裏技的に自分で買い込んだりする場合もあるみたいです。
このビジネス連鎖による組織構築は創立期から成長期の会社全体の売上が成長している時はグループ組織・会員数の伸びが速く、タイトルが早く取りやすく大きな収入を得やすいです。
ところが、会社全体の売上や会員数が伸びなくなって低迷する時期になると組織が崩れだすという傾向があります。 ところで、ほとんどのネットワークビジネスの場合、このような買い込みをする必要が出てくるのですが、そのようなことをする必要がないビジネスプランを持っているネットワークビジネスもあります。

求人誌には載っていない就職情報ネットワークビジネス

ネットワークビジネスのセミナーは面倒くさいですか?

インターラッシュ、月刊ネットワークビジネスの掲示板でも批判!?

所ジョージさんがネットワークビジネス?

ジャパンコアMCMサービスのネットワークビジネスとは?

ネットワークビジネスの落とし穴

Advertisements
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s