健康と赤ワイン(オリゴメリック・プロアントシアニジン)

赤ブドウの皮に含まれる色素(アントシアニン;ポリフェノールの一種)が虚血性心疾患や動脈硬化などの予防に効果があると期待されている。

動脈硬化は血液中のLDL(低比重リポ蛋白)・悪玉コレステロールが酸化されることによって起こるのですが、赤ワインに含まれるポリフェノールがこのLDLの酸化を抑えることが明らかにされています。

ブドウのポリフェノールの中でブドウ種のOPC(オリゴメリック・プロアントシアニジン)はブドウなど、いくつかのフルーツや野菜に含まれている栄養素です。

ポリフェノールが多く含まれる代表的なものに赤ワイン、緑茶、ゴマ、りんご、ブルーベリー、生姜、ウコン、柿、プルーン、イチゴなどがあります。

自然界の成分の中では、特に抗酸化効果が高く、粘膜などの組織を構成するコラーゲンを生成し、健康維持に効果があります。

ヨーロッパでは血管を健康にする物質として、1950年代から研究され、現在では静脈不全や静脈瘤、網膜障害などの血管治療薬にも使われています。

実はポリフェノールはどの植物にも含まれています。野菜や果物には必ずポリフェノールが入っているのです。すべての植物に入っているのですが、それぞれに含まれる量は変わってきます。

栄養を補うサプリメントが不健康になる可能性があるって、ホント!?


PCJという名のネットワークビジネス会社


ネットワークビジネス会社の比較検討事項


ネットワークビジネス商材の水といえば水素水


ネットワークビジネス Wikiで検索すると?


ネットワークビジネスで叶えた夢一覧


一生健康でいられる簡単な方法

Advertisements
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s