不景気は進展の基礎を固める好機ととらえよ

同じ業界の会社でも業績に差が出ます
この差というのはごく僅かなことである
事が多いです。

いわば紙一重の差にすぎません

どんなに業績が良くても、どこかに足りない
所があるのは当然です。

その事を常に頭において、自己検討をしている
所がいい数字を出しているのです。

商売は不景気でもよし、好景気であればなおよし
と考えた松下幸之助さんが真の経営者は
不景気に際し、かえって進展の基礎を固める好機と
捉えなければならないと言われたそうです。

考え方の紙一重の差が天と地ほどの現実の業績に
影響を与えるという教訓ですね、日々よく反省し
改善を積み重ねるしかないようです。

私たちのビジネスも常に進化していきます、
マニュアルはありますが、日々時代に合わなく
なっているものは、常に最新にバージョンアップ
させていっています。

どんな業界、リアルでも、バーチャルでも反省と
進化を怠れば化石となってしまいますね。
ネットワークビジネス・成功への道
現役サラリーマンが成功したネットワークビジネス
ネットワークビジネス成功ノウハウ
ネットワークビジネスに携わる人は法律を知っておく必要があります
ネットワークビジネスで被害を受けた
ネットワークビジネスのサイズプロジェクトとは

Advertisements
This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s